SURE, YOU CAN GOね!


by kick717
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

風邪とカツ丼

週末風邪でダウンしてました。
なんだか会社で流行っていて、とうとううつされた模様。
何年ぶりかにけっこう熱も出たよ。

風邪で寝込んだときの定番は「エロイカ」「アイスクリーム」。

漫画エロイカより愛をこめて小学生以来の愛読書。これをぼーっと読んでは寝る、を繰り返すと、あっという間に1日経ちます。私は32巻までしか持ってないのだが、現在34巻まで出ているそうだ。けっこうな長寿漫画だね。主人公たちの年齢は謎だが、とおに追い越したよなあ。

一時は1000冊を越えた漫画の蔵書も、「エロイカ」と「イブの息子たち」以外はほとんど売り払ってしまった。

アイスは喉が腫れたときには妙にうまい。しかもチョコアイス。いつもチョコアイスが多いけど。

もうひとつ、なぜか無性にカツ丼が食べたくなる。
もしくは、うな丼。

普通食欲なくなって、お粥とかって話になるんでしょうが。
多分ビタミンB2とたんぱく質をモリモリ摂って、早く回復せよという体の本能的な指令なんでしょうか。

小さい頃から風邪で食欲が落ちるということがほとんどない。
親が小児科に電話するときに「いえ、食欲はあるんです」と必ず言っていたのを覚えている。

昨日はスーパーにうまそうなうな丼はなかったので、カツ丼を購入。
タレが甘すぎず、肉の脂も少なめで好みの味でした。

ちょっと弱ってましたが、なんか急激に元気がわいた気が。
こういうのは気持ちもあるんでしょーが。
[PR]
# by kick717 | 2007-06-26 12:45 | 日々是好日

Flicker

Flickrにも香港写真アップデートしてます。まだ作業途中ですが、よかったら見てください!
[PR]
# by kick717 | 2007-06-18 18:01 | 香港記

香港記:また行きたい

b0049578_14173576.jpgb0049578_1423312.jpg今回はヨガしにいくという特殊な旅行
意外と観光する時間が短かったのだが、街の雰囲気や活気は満喫できた旅でした。ファンキーなホテルにも慣れ(あれからもちょっとした騒動はあったのだが)、にわかに住人の気分も味わえた。

←「風水」ビル。香港公園より。→



食いしん坊としては、やはり印象的だったのが食

安いものから高いものまで相当幅があるなか、今回はエコノミーコース中心だったのだが、食べたものは全般的にかなりうまかった。もちろん上を見ればキリがない。しかし安くてうまいもんのレベルが高い。そこに私はうれしさを感じてしまう。

b0049578_14181789.jpg多分日本で食べるとちょっと味が濃いのかな?とも思うし(暑い香港だとちょうどいい)、化学調味料も使われているんだが、ソウルフード万歳と開き直りたくなる旨さでした。思うに食は魂!香港人の食へのアツさがどの料理にもほとばしっているように感じた。アンタ、高くてうまいは当たり前やん!安くてうまくないと!!」という感じ。

←スーパーの野菜売り場。赤丸の白菜と比べると、人参や茄子がいかに巨大かが……。

極端な話、「化学調味料なしで作ったまずい料理」と「化学調味料使用で作ったうまい料理」があれば私は後者を選ぶ!まずいもん食う方が免疫力落ちる。もちろん化学調味料不使用ででうまい料理というのが最高なんだけど。

b0049578_14262681.jpg思えば返還10年目にして初上陸した香港
以前の香港をよく知らない私だが、やはり香港はずっと香港であり続けているのでは?と感じた。街全体に満ちている活気と自由さ。そういう街にいるだけで、私は高笑いしたくなるほどうれしくなってしまうことがある。わさわさ気ぜわしいしのに、気持ちが落ち着く。街の色や傾向は違うけど、ニューヨークにいるときに感じた気分にちょっと近かった。

また行きたいなー。

b0049578_1427151.jpgb0049578_1427564.jpg右上:海があるのも大きな魅力。
右:海沿いにある「アベニュービューオブ・スター」。香港スターの手形が。ブルース・リー像の前では80%の観光客が同じポーズで写真撮ってます。
[PR]
# by kick717 | 2007-06-17 14:37 | 香港記

香港記:乗り物デー

b0049578_13153647.jpg「今日は乗り物デー」という日があった。
ヨガが終わった夕方からの数時間で、香港名物トラム、2階建てバス、スター・フェリー、ピークトラムに連続して乗車

旅先で乗り物に乗ると、なぜかチビッコ並にワクワク

←トラムの2階から銅鑼湾方面を振り返る


トラムは香港島を東西に走る路面電車。2階建ての小さな車体いっぱいに広告が大きくペイントされており、見ているのも楽しい。停留場には必ず止まるし、路線が単純なので、バスと違って安心。でも降りたいエリアが近づいたら、じわじわ出口に近づかないと降りそびれるから要注意。あと冷房がないので、暑い時間帯に乗るとぐったりかもね。運賃はHK$2均一(30円くらい)。

b0049578_13155513.jpg銅鑼湾から、Kおすすめのトラム路線・北角(ノースポイント)行きに乗車。北角は私が泊まっていた銅鑼湾から地下鉄で東に3つめの町。街が「繁華街」から「生活圏」へと変化していく様子がおもしろかった。終点の北角では、トラムが狭い商店街を通り抜けていく。この商店街は、八百屋、肉屋、魚屋と、生活に密着した店が並び、新鮮。

北角の商店街→


b0049578_1316132.jpgそして北角から2階建てバスに乗り、湾仔のスター・フェリー乗り場まで移動。香港はバス路線が充実。路線も本数も多く、絶対憶えきれない。さらにミニバスという乗り合いバスと路線バスを足して2で割ったような乗り物もある。ミニバスはKでも「よーわからん」そうだ。

←バス2階の一番前からの光景



香港島の道路は、トラム、バス、ミニバス、タクシー、一般車が入り乱れ、すごいことに。よくトラムとバスがぶつからないなあ、と感心する。トラムもけっこう本数が多いのだ。バス同士も車間距離がハラハラするほど短かったりする。

2階建てバスは、最初混んでて2階に上がれなかった。「2階の一番前が楽しいんだけどなあ」とK。途中人がどばっと降りたスキに階段を上る。すると、一番前の席が1つだけ空いていた。横は子供。日本と同じだね。私が座らせてもらい、視界のいい高い目線からの路面を見ながら、短い旅を楽しんだ。

b0049578_13163060.jpgb0049578_1316398.jpgスター・フェリーは香港島と九龍を結んでいる。通勤通学の足になっている生活に密着した船だ。これも乗車賃は安く、だいたい30~40円くらい。わずか10分程度の船旅だが、香港島のビル群を一望できて気持ちがいい。夜はもちろん夜景もきれいだ。船内は木が基調のレトロな感じで落ち着いてていい。

右:スター・フェリーの「はたらくおじさん」。ちゃんとセーラーカラーの制服着用。
左:椅子に星柄が。かわいい。
↑気に入ったので4日目にも再び乗船。そのときの写真。

湾仔から尖沙咀に渡り、海沿いの遊歩道から「シンフォニー・オブ・ライツ」を鑑賞。これは毎日8時から行われる、ビルを使った光のショー。香港島の高層ビルがそれぞれ違う光で飾られ、屋上からレーザー光線が飛び交う。ふつうのオフィスビルがこうれを毎日やってるのはすごいねえ。補助金とか少しは観光局から出ているとは思うが費用もけっこうかかりそう。

再びスター・フェリーに乗り、今度は中環まで。中環の港はピッカピカでちょっとしたショッピングエリアになている。近くにifcモールという巨大ショッピングモールもある。モールでさくっとご飯を食べて、タクシーでピークトラムの駅へ。

b0049578_13165558.jpgピークトラムとは、香港の街が一望できる山・ビクトリアズ・ピークへ上る「プチ箱根登山鉄道」的電車。明治末期ごろからあるらしいのだが、現在まで無事故という。驚いたのは、直線的に一気に上っていくこと。ブラジルのキリスト像の丘にいく電車だってジグザグだった。帰りは椅子の方向は逆のまま猛スピードで急降下していくのでけっこうスリリングだ。

←これは4日目再びビクトリアズピークに上ったときの写真。
[PR]
# by kick717 | 2007-06-17 13:19 | 香港記
上環「羅富記粥麺家」で早めの昼食の後、歩いて文武廟へ向かう。午前中時点すでに相当暑かったのだが、昼に突入し気温は日差しはどんどん強くなる。粥を食べたせいもあり滝のような汗。

しかも汗ふくタオルも日焼け止めもホテルに忘れてくる。あっというまに化粧は流れ落ち、紫外線浴びまくり。香港は紫外線がかなり強いらしく、新聞のお天気欄の紫外線警報は「0」~「11以上」の12段階で、ほぼ毎日「11以上、極高」とあり、恐ろしい。

b0049578_1218459.jpgb0049578_12181366.jpgさらにこのあたりは坂の町。けっこう急な坂を上っていると汗はさらに倍増。文武廟に着くころにはけっこうぐったりしてしまった。








b0049578_1237714.jpg文武廟は文昌帝と関帝が祀られている小さいお寺。中には平日の昼間にもかかわらず、熱心にお参りしている地元の人々がけっこういる。長いお線香を買い、見よう見まねでお参り。中にはバラのアウトレット線香が置いてあり、「ご自由にどうぞ」ともある。天井には円錐型のうずまき状のお線香がたくさん下がっている。赤い札に願いごとを書くようだ。



b0049578_12352089.jpgb0049578_12195182.jpgいろんなえらい人の像が並ぶ中、なぜか小さいおじさんが。誰










b0049578_12343281.jpgそのまま前のハリウッドロードを中環(セントラル)方向に歩く。このあたりはアンティックショップが多い。高そうな仏像売ってる店が多い。リチャード・ギアみたいな人が豪邸に飾るんだろうなあ。その間にやたらスタイリッシュ系なレストランやらバーなどがぽちぽち。

ひたすら歩くとミッドレベル・エスカレーターにぶつかる。これは全長800mの「終わりなき江ノ島エスカー」といった趣。昔ヒットした映画『恋する惑星』にも出てきたスポット。観光客も大勢乗っている。よーわからんが一応乗ってみることに。まわりにはスタイリッシュ系の飲食店やらニューエイジショップやらが並ぶ。オープンエア席でワインなぞ飲んでいるのはたいてい西洋人。途中、日本では大行列ができて話題のクリスピー・クリーム・ドーナツがあったが、店内はガラガラだった。

一体どこまで続くんだろう、という興味で乗り継いでいくが、まったく先が見えない。これは基本的に、山の上に住んでいる人のために作られた交通手段なのだ。そのうち観光客はどんどん減っていく。このエスカレーター、下りはない。ちなみに朝の時間帯は下りに変わるそうだ。しかし朝下って夜上る、というサイクルに合わない人はさぞかしタイヘンだろう。あと、忘れ物に気付いても戻りたくないよな。

さすがにもう頂上?と思っても、まだまだある。下りを思うと憂鬱になり引き返すことにした。下の方に戻ったときにはぐったり。セブンイレブンに駆け込み、マンゴージュースを買い一気に飲み干す。ガイドブックによると近くに泰昌餅家というエッグタルトのうまい店があったはずなんだが、うまく見つからず。結局今回の滞在で、エッグタルトはタイミングが合わず食べられなかった。残念。

外にいるだけで暑くて仕方ないので、そのまま中環駅方面まで下り、ランドマークというショッピングモールに避難。効き過ぎの冷房がちょうどいい。早くも毛穴感覚が地元に同化。中に「Three Sixty」というクイーンズ伊勢丹みたいな感じのスーパーを発見。オーガニック系のスーパーらしい。フードコートもこじゃれてる。

コーヒーでも飲むか、と思ったが「さっきの粥より高いじゃん……」と躊躇してしまう。この後、私の現地での金銭感覚は、「粥」(HK$20)と「ホテル代」(HK$250)に支配される。なにかの値段を見るたびに「粥より高いじゃん」「ホテル代より高いじゃん」と比べてしまうのだ。

↑ミッドレベルエスカレーター以降写真ないな。暑くてバテてたのと、東京にいくらでもあるようなコジャレ系ショップに興味がなかったせいか。
[PR]
# by kick717 | 2007-06-16 12:26 | 香港記
今回はノースウエストのマイレージ使用して、ワールドビジネスクラスで香港往復

出発前、成田の専用ラウンジでうかれて生ビール。ジョッキをセットすると勝手に傾き、最後に泡だけ注入する完璧なマシーンで関心しました(アサヒビール製)。ラウンジには他にワインや各種お酒、ソフトドリンク、バナナとオレンジ、プレッツェルやミニチーズ、ナッツ、チョコ、小さいペストリー、ミニカップヌードルがあった。食べ物がちょっとショボめだが、ラウンジはきれいで広かった。

機内に入り着席すると、ウェルカムドリンク。エコノミーでは離陸して飲み物を口にするまでかなり時間がかかるのに。その後フライトアテンダントが「●●様、夕食には何にささいますか?」と注文を取るにくる。名前に惹かれてシャンパン・サパーを注文。
b0049578_124766.jpg
ノースのめしはまずいが、シャンパンサパーは割りとイケた。というのも、海老のカクテルとかハムとか冷製ものが多く、手がかかってないからだろう。心配していた量も思ったより多く、ひと安心。シャンパンサパーにサンドイッチがついてても、あったかいパンを配りに来てくれるので、つい2つもらってしまった

ちゃんと小さいテーブルクロス敷いてくれるし、食器もすべて陶器やガラス。白ワインを頼んだらちゃんと「シャルドネ?ソーヴィニョン・ブラン?」ってきいてくれる(あんまおいしくなかったけど)。

b0049578_12473920.jpg帰りの飛行機は朝食で、オムレツを選んでみた。これもまずまず。エコノミーだと甘いパン+甘いナッツバーなんて組み合わせが平気で出てくるからねえ。







b0049578_12465175.jpgほとんど横になって眠れる椅子は快適。細かい調整もボタンで可能で、背中のあたりが膨らむ設定で腰も楽ちん。帰りは成田で降りたくなかった。機内エンタテインメントは音楽が充実。自分で好きな曲を選んで再生できるプレイリスト機能が楽しい。

←ほとんど横になっている私。



b0049578_1451593.jpgところで、アメリカ系のエアー乗ると必ず頼む飲み物がある。ブラッディー・マリー・ミックスだ。これにウォッカを足せばブラッディー・マリーの出来上がりというわけ。要はスパイシーなトマトジュース。多分ペッパーとかタバスコとかが入っている。塩加減もちょうどいい。これをそのままトマトジュースとして飲むとうまいのだ。なぜか日本で売っているのを見たことがない。

機内誌の中国語メニューには「なんとか人血なんとか」とあり、そりゃそうだが、コワいよ。
[PR]
# by kick717 | 2007-06-15 12:55 | 香港記

香港記:最終日の頬袋

この日は早朝にホテルをチェックアウト。地下鉄の始発前だったので、タクシーでエアポートエクスプレスの香港駅まで行き、駅構内で市内チェックイン(便利。おすすめ!)

b0049578_1220234.jpgb0049578_12204452.jpg








6:30すぎには余裕で空港に着いた。
お腹すいたなーと構内を見回すと、中2階みたいなところに空いてそうな店が。美心閣という店。粥がありそうなので入ってみる。すると朝っぱらからワゴンが行きかっおり、ガンガン飲茶食ってる人々が

b0049578_12202365.jpg機内で朝食も出るし、炭水化物まつりになるので飲茶はやめてピータン粥を頼む。味は特筆すべきではないがまあおいしかった(粥の味ってそれほど差があるように思えない)。しかし会計してもらい伝票を見ると、粥とお茶だけで前日の倫敦大酒楼より高いじゃねーかっ!!まあ空港だから仕方ないか。




b0049578_1222249.jpgここの飲茶ワゴンには広東語で書かれたメニューの札がかかっており、わかりやすかった。そして飲茶ワゴンには飛行機の装飾が。かわいい。

ワゴンのおばちゃんも観光客慣れしているのか、蝦蒸し餃子と小籠包をやたらプッシュしてくる。日本人はこの2つが好きだと思われているんだろうか。ところでワゴンのおばちゃんたちの給与体系はどうなっているんだろうか。歩合だったりするのかなあ。


b0049578_12225380.jpgコーヒーをゲットしにパシフィック・カフェへ。目に入ってきたのは初めて見る「トリプル・チョコ・ドーナツ」。これは買わずにはいられなかった。結局炭水化物まつりに。結構大きいので半分食べて残りは袋に入れて持ち帰ることに。生地の感じといい甘さといいかなり好みで、すっごくうまかった。パシフィック・カフェ日本に来ないかなあ。

最後にネットでも、とPCの前に行くが、なぜかマウスがない。隣の席でネットやってる西洋人に「マウスないんだけど……」ときくと、「店員に言ってもらうんだよ」と教えてくれる。若い兄ちゃんの店員に「さっきコーヒー買ったんだけど、マウスもらえない?」と言うと、「保証金100ドルいただきますが」と言われる。えーーー。他の店舗とはシステムが違う模様。確かにレジとPCが少し離れているから仕方ないのかもしれない。面倒なのでやめる。空港のパシフィックカフェで最後にメールしようと思ってる人は要注意。

b0049578_12384297.jpg飛行機の時間が20分早くなっていたので、コーヒーを飲み干し出国エリアに。しかし朝セブンイレブン買った飲みかけのマンゴージュースを忘れていた。MOTTAINAI(?)精神で、その場で飲み干す。ちなみにこのマンゴージュース、果汁100%でけっこううまかった。お値段はHK$10。

←これは同じブランドのオレンジ味
[PR]
# by kick717 | 2007-06-15 12:32 | 香港記

香港記:ヨガの話

b0049578_14231456.jpgアジア・ヨガ・カンファレンス報告。

「カンファレンス」と言っても別に会議ではなく、アジア地域最大のヨガ祭。ほとんどはクラスとレクチャーで構成されている。今回が第1回目だ。世界中から様々な流派のヨガの第一人者が教えにやってくる。

当初の目的は私が練習しているアシュタンガ・ヨガの大師匠(92歳)に会うことだった。名誉ゲストとして特別枠で早朝ヨガクラスを持つ企画だった。彼はインド南部に拠点を置いて教えている。私がそこに行くのはまだ先になりそうだし、ノースのマイルもたまっているし、香港までならなんとか、というわけだ。元同僚が4月から香港から近い中国の深センで働き始めたのも縁かなと。

b0049578_14221482.jpgところが大師匠は体調を崩し、今回香港入りは中止。ショック。でも(小師匠←失礼?)がクラスを受け持つとのことだし、せっかくの初香港のチャンスなのでキャンセルしなかった。

会場のコンベンションセンターは香港のランドマークとなっている大きな会場だ。海に突き出す形になっていて、スターフェリーや対岸の九龍から香港島を見たときにも目立つ建物。

ゾロゾロとヨガマット持参の人々が集まってくる様子は不思議。地元香港の人をはじめ、インドネシア、タイ、シンガポール、マレーシアなどからもけっこう来ていた模様。同時期に隣では「結婚式コンベンション」なるイベントが開催されて、土日にはヨギと香港のラブラブカップルという2大勢力に二分されていて、なんだか笑える光景だった。

b0049578_14255780.jpgb0049578_1430383.jpg









左:キティが「上を向く犬のポーズ」。笑える。
右:よくわからんがすごく偉い人らしい。

主宰者によれば、来場者は2000人。160以上のクラスが開催された。当初、予想来場者数5000人とあったので、ちょっと目標には満たなかったのかな?でもイベント的には成功じゃないかなあ。雰囲気的にも賑わいを感じたし、滞りなく進んでいた。運営もそつなかった感じ。事務局に一度メールしたが、すげークイック・レスポンスで驚いた。香港人はやはり働きもの?会期近づいてきたとき「香港は冷房がきついので、必ず上着を持ってきましょう。シャバアサナ(最後に横になり休むポーズ)のとき冷えないように!」とメールをくれたりも。他にも、タクシーの運転手に見せれば一発でわかる広東語表記の会場地図のPDFを作ってくれたり、なかなかきめ細かいケアをしてくれた。

b0049578_14253928.jpgさて、受けたクラスだが、すべてアシュタンガ・ヨガのクラス。早朝クラスが4日連続。これはいつも日本でやっているのと同じメニューをやるので1時間半ずっと動いている。ヨガが当初目的とはいえ初香港も満喫したいので、連日寝不足だわ食いすぎだわなのに、なぜか会期中このクラスで体が軽く絶好調。日本にいるとき以上に、である。なんでだろう。本当に不思議。小師匠パワーだろうか。



b0049578_14344377.jpgあとは真ん中の2日間に、アメリカ人デヴィッド・スウエンソンのクラスを7枠。2時間のクラスで、前半はレクチャー形、後半には実際に動いてもみるという感じ。それぞれの枠は「ハンドスタンド」「逆転ポーズ」「呼吸」などのテーマで分かれている。スウエンソン、ナイス・ガイでしたね。しゃべりがおもろい。ジョーク連発で会場はけっこう盛り上がった。技術的なアドバイスと精神的なアドバイスのバランスがよかった。

←サンスクリット語のスーパーマンマーク?Tシャツがウケた。

2日目にフォレスト・ヨガという独自のヨガスタイルを切り拓いたアメリカ人女性、アナ・フォレスのデモンストレーションがあった。生まれつき体も弱く、一時はアルコール&薬物中毒などのフルコースを体験してきたスゴい人である。ポーズがすげーパワフル。と、見始めたのだが、寝不足のせいで強烈な睡魔が襲ってきた。最初の2分くらい見て、ほとんど爆睡。大きな拍手の音で目が覚めた。とほほ。今度行ったらこの人のクラスも受けてみたい。

笑ったデヴィッド・スウエンソンの話をいくつかご紹介。

「ある日突然できなかったポーズができるようになるだろ?でも翌日再びできなくなったりする。あれは『ヨガの妖精』のいたずらだよ

「70年代からヨガをやってるけど、アメリカでも昔は変人扱いだよ。うちのアニキ(も有名なヨギ)なんか公園でヨガやってたら『悪魔崇拝の儀式が行われてる』って近所の人から警察に通報されたんだよ」

「ここまでがんばってもジャンプ・スルー(なかなか難しい一連の動き)ができない場合はどうすればいいか。それは『執着しないこと』。個人的に思うんだけど、ジャンプ・スルーができない人には人間的にいい人が多いよ

「チャクラアサナのときには髪の毛を手で踏まないように気をつけないと、僕みたいになっちゃうよー(とアタマを指さす)」
[PR]
# by kick717 | 2007-06-14 14:21 | 香港記

キュプルンの居場所

b0049578_10293098.jpg「キュプルン」モニターに当選。
冷蔵庫の中にいい居場所を見つけた。卵ケースにぴったり。

今朝はバタバタで出かけたのでまだ飲んでいない。
夜飲む方が肌に効きそうな気もするなあ。
[PR]
# by kick717 | 2007-06-14 10:29 | 日々是好日
出発の日、元同僚Kからメールが入った。「空港で明太子買ってきてくれー」とのこと。深センに住む彼はいわく、ジャスコでたいていのものは手に入るのだが、明太子は売ってないんだそうだ。

どの店にいっても予想以上に日本製品だらけ。
スーパーやコンビニの菓子売り場は日本にいるのかと錯覚する。「コアラのマーチ」「フラン」「かっぱえびせん」etc。輸入品扱いというより、ごくごくふつーに売っている。
ドラッグストアではアジエンスが並び(ブルーのバージョンもあった)、資生堂のみならず、スーパーマスカラなどの安いコスメ系も盛りだくさん。
しかも「city super」(ここは輸入品がやたら充実)には松山油脂のシャンプーとリンスまで売ってたよ!しかも思ったより高くない。

キャラクターものが強いのはわかるが、ケロロ軍曹のオクトパスまで売っていたのには驚いた。

b0049578_12594288.jpgb0049578_12595528.jpg









どこのスーパーでやたら売り場面積を占めているのが「出前一丁」だ。
日本では忘れられた感のあるインスタントラーメン。香港人にはこのブランドの人気が根強い。食堂とかでも出してるらしい。味もかなりたくさんあった。

金鐘(アドミラルティ)にあるショッピングモール「パシフィック・プレイス」で1950年代から現在までの、香港の広告を展示する企画をやっていた。のぞいてみると、60年代のコーナーにあったよ、出前一丁。いち早く進出して市民に定着したのかなあ。

Wikipediaによれば、日本の発売から1年後には香港で発売したらしい。現在では袋ものだけで25種類の味を売ってるんだって!しかも即席めんのシェア50%だって。すげー。

はじめて気付いたが、「出前一丁」のキャラクターの男の子は金髪だねえ。思えば不思議だ。♪あらよ、出前一丁~♪ってCMソングもすっかりきかなくなったよなあ。
[PR]
# by kick717 | 2007-06-13 13:03 | 香港記