SURE, YOU CAN GOね!


by kick717
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2007年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

無事修了!

b0049578_9353159.jpg金曜と土曜にテストがあって、50時間のティーチャーズ・トレーニング(指導者養成)初級修了!

今回学んだのは「ヴンヤーサ・フロー」(Vinyasa Flow )というスタイル。呼吸とポーズを連動させながら一連の流れをセットで行う。アシュタンガ・ヨガから派生したスタイルのようだ。

前半で体をリラックスさせ、呼吸の練習もゆっくり行うプログラムなので、初心者もやりやすい流れになっていると思う。後半ではポーズはけっこうパワフルだからいい運動に。

緊張のクライマックスは、なんといっても土曜午前中のテスト
生徒役数名の前で10分間ポーズと流れを教える。
それを自分以外の全員が評価するの。

クラスがはじまった当初は、口頭でのガイダンスの難しさにヨレヨレに。
「吸いながら手を挙げて~」みたいなシンプルなフレーズも、なかなか口から出てこない。こういうのはやはり特殊なトレーニングで、一朝一夕にできるものではないと思い知ったよ。

テストで割り振られた10分には、おそらく一番苦手なポーズが
割り振られたときは頭クラクラしたけど、なんとか全力でがんばりました。

バーシャ(先生)の「教えようとしないで。自分もクラスに参加するの。教えるんじゃなくてガイドして」とゆう言葉を胸にきざみつつ(名言やなー)。

終わった後の解放感ったらなかったなあ。
こういう、自分が試される場面も最近じゃ滅多になかったからさ。
[PR]
by kick717 | 2007-08-28 10:35 | ヨガ

ヨガの先生への第一歩

久々の更新。

実は8月はヨガのティーチャーズ・トレーニング基礎コースを受けてました。
ヨガを教えるための第一歩という感じです。
今週の土曜のテストで終了。

いろんな宿題があったなかで、ローフード食(生野菜や果物中心の食事)や3日間のジュース断食の実践もあった。

菜食、断食

わたしを良く知る人は「げっっ!!!あんたが???」と驚いている。

当人が一番驚いてるよ。
食への思い入れは人一倍。この世で一番怖いのは食えないこと。


ローフード食は、肉、野菜、アルコール、コーヒー、白砂糖使用菓子、白小麦粉すべてNG。乳性品はヨーグルトはOKだけど、牛乳や卵、チーズはNG。
パンやごはんは少なめに(取るときは玄米やライ麦パン)。
これを最初きいたときはどうなるかと。

ショックだったのはコーヒー禁止
私は小学生の頃からブラックコーヒーを飲んでた筋金入りのコーヒー星人

しかし!
意外と平気だったのが自分でも驚いた。
特に禁断症状が出ることもなく約3週間経過。

この食に変えて3日もたたないうちに肌がピカピカに。消えては現れるアゴの固いニキビも消滅。

ローフードは酵素を最も節約できる食事といわれている。
いつも消化に人手をたくさんとられているけど、この食事だと体の修復作業に人手を割けるというわけだ。効果を実感。

どうせ野菜と果物しか食えないなら、と、有機ものを選んで食べていたら、これがおいしくてねえ。いつも買ってるものの2倍はするけど、コーヒーとか菓子代がかからないので家計的にはそれほど変わらない。しょっちゅう食べてるベールやパン代もかからないし。

まあ夏だから生野菜でオーケーだったのかな。
秋や冬はやはりあったかいものを体が欲しがるだろうし、1年中この食事を実践するには難しそう。

なんせメニューが単調に。
ほぼ毎日サラダ、サラダ、サラダである。
スープだって火を通さないのはガスパッチョくらいで。

本格派のローフードニストの人は、野菜を細かく切ってパスタにしたり、蕪をうすくスライスして餃子作ったり、アボカドとキャロブでチョコタルト作ったり、練ったコーンを乾燥させてトルティーヤの皮を作ったりするそうだが、そこまではねえ……。っつーか、それはパスタでも餃子でもないですから!

今後はローフード+マクロビ路線でいこうかしら。
厳密にはマクロビでは、生野菜や果物は体を冷やすものとしてNGなんだが。
私的にベストな食生活を目指しつつ。

もちろん焼肉やお酒もたまには。
寿司や焼き鳥だって食べたいし。
基本週末はなんでも食べることにしようかと思ってる。
[PR]
by kick717 | 2007-08-23 13:10 | ヨガ