SURE, YOU CAN GOね!


by kick717
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

カサブタが

ヨガのポーズで蓮華座組んだ足の間に腕を通すやつ(garbha pindasana)がある。昨日そのポーズを終えて、腕を引き抜くとき、嫌な感触が。クライミングでできた肘のカサブタ(けっこうデカい)がメリっと剥がれ、出血。あわわわ。

リンクでポーズしてるのは、まだ会ったことのない大先生。かなり若いときの写真。現在91歳なのだ。
[PR]
by kick717 | 2006-09-14 10:01 | 日々是好日

クライミング第2弾

b0049578_9332746.jpg初めて屋外でのクライミング!
先日屋内で教えていただいたトッププロKさんに教えていただきました。
Kさん&彼を支える「ファミリー」の方々、今回もアレンジしていただいたサイトウさん、楽しい参加者のみなさんに大大大感謝。

初めての「外岩」の舞台は、神奈川県某所にあるクライミグスポット。
その中でも初心者向けの岩ということだったが、シロウト目にはほとんどの面が垂直に見える。

当たり前だが室内と違って足がかり手ががりのゴツゴツを自分で探さなきゃならない。
これが思った以上に難しい。
足場の判断が難しい。指を穴につっこんでみたり、手でホールドする向きを変えてみたり、いろいろ組み合わせるのも難易度高し。

2回目のルートはかなりハードだった。
Kさんが横で指示くれたので、何回も中断しながらも、なんとか登り切る。Kさんが「そこです!かっこいいです!うまいです」と上手に励ましてくれ、「ファミリー」のみなさんが下でロープを長時間支えてくれ、ギャラリーのみんなが声かけてくれたおかげ。それがなければ絶対途中であきらめてた。

こういうのが自分との戦いってやつ?などと思ったりしました。「あーもう駄目って思っちゃおうかな、どうしようかなあ」というキワキワの線をシロウトながらに味わってみました。私ごときでこんなこと感じるので、トッププロの方の「自分との戦い」を考えると、気が遠くなる。

肘に擦り傷、膝はアザだらけという、まるで小学生。
帰りに実家に寄ったら、母親に「あなた小さいころ、よくよじ登ったり飛び跳ねたりしてたもんね」と言われた。よじ登ってたのは覚えてるけど、飛び跳ねてたのはあまり記憶にない。聞けば、意味もなく天井に向かってジャンプしてたそうだ。意味もなく、ってとこが子供のすごさだよな。
[PR]
by kick717 | 2006-09-09 10:04 | 日々是好日