SURE, YOU CAN GOね!


by kick717
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2006年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

理解できないもの

昨日寝る前にふと思いついたこと。

理解できないもの:

「キャッチ&リリース」(食わないなら釣るなよ!)

「つもり貯金」(買ったつもりで貯金って、……買ってないし、つもりもなにも)

以上。
[PR]
by kick717 | 2006-07-20 09:29 | 日々是好日

クライミング初体験

念願のクライミング・ジム(壁に埋め込んであるゴツゴツをつたってよじ登っていく屋内施設)に行ってきた!ロープクライミングとボルダリングに初挑戦。

感想はといえば、
そりゃもう、ものすっっっっっごく楽しかった!!

縁があって、普通絶対習えないようなトップ・プロの方に教えてもらうことができた。
その方とマネージャーの方の教え方やプログラムの組み方がよいせいか、初心者としては最高のスタートだった気がする。

久々に大興奮で、かなり気もそぞろだったらしく、帰りの電車では失敗続き。
切符はなくすわ、乗り換えで違う路線の切符を買うわ(なんで改札閉まんだよ!と強行突破してた。降りる駅で気付く始末)、次の乗り換えでは急行に乗って降りたい駅で降りられないわ、で笑えた。

しかも帰り道、そのへんの電柱とか壁とかにやたらによじ上りたくなる衝動に駆られ、困りました。

幼い頃家の狭い廊下に手足を押し付けてつっぱりながら天井まで登るのが大好きだったなあ……、とふと思い出したりして。そのころから始めていたらリン・ヒルみたいになっていた可能性もあったかもね(調子乗りすぎ)。

それはオーバーだとしても、10代の頃からやってたらなあ、と思った。
私は基本的に体を動かすのが好きな人間なのだ。
実は学校の体育が嫌いなせいで、このことに長い間気付かなかった。
だいたい学校の体育には好きなスポーツはひとつもなかった。
球技も体操も走るのも嫌いだし不得意。
背が高いのに運動神経が悪い、というコンプレックスさえあった。

インラインスケート、ヨガ、ボクシング・エクササイズなど、30すぎてからハマったものはすべて学校の体育にはなかったものばかり。しかも楽しんでそこそこ上達した。

クライミング・ジムにはけっこう年齢の高い人も来ていて、励まされたけど。何歳になっても遅いということはないね。

やりたかったことをやるって楽しいね。
スポーツでいえば、あとリストにあるのはサーフィンとクロスカントリー・スキーだ!!
[PR]
by kick717 | 2006-07-10 10:26 | 日々是好日

招かざる客

この世で一番嫌いなものは蛾と蝶。
私はなぜか電車内でしょっちゅう蛾に遭遇する。
以前住んでいた場所は東京近郊の町だったので、緑が多く山もあったから理解できなくはない。まわりが暗いから駅や電車の光に寄ってくるのだろう、と。
蛾が乗車してきて、次の駅で降りていったのも見たことがある(移動手段?)。

しかし都内に引っ越してきてからも、やはり電車内でよく蛾に遭遇する。

昨日地下鉄に乗っていたら、車内で小さい蛾がふらふら飛んでいた。
場所を変えねばと思っていたところ、奴は一目散に私の迷彩柄のバッグに止まりやがった。これは草じゃないですからあああああ!!

犬や猫が嫌いな人のところに寄って来るという話をよく聞く。
蛾や蝶も同じなのか?嫌いなものに限って敏感になるせいか?
友人たち「電車に蛾が」という話をすると、「電車で蛾なんて見たことない」と言われる。しかし本当によくいるのだ。

以前地方に住んでいたとき、小学校の通学路であった歩道橋の真ん中に、キャベツの葉くらいデカい蛾が貼り付いていたことがある。下は国道でトラックがすごいスピードでびゅんびゅん行き交っており、かなり道路も広く、渡るにはかなり危険。泣きながら目をつぶってジャンプして蛾を飛び越えた。

小学生だったから大きく感じたのかな?と思いもしたが、近年長野の山奥の温泉にいったときに、いるわいるわ巨大蛾。しかも飛び交ってる。宿泊施設があったエリアに唯一の食堂の入り口前に盛りだくさん。同行した2人のうち1人も蛾が嫌い。もう1人の子が先に店に入って店の人に蛾を追っ払ってもらい、すきを見て中に入ることができた。蛾も嫌いだが食いっぱぐれも嫌いなので、本当に困った。
[PR]
by kick717 | 2006-07-06 16:59 | 日々是好日
b0049578_14354853.jpg■ブラジル・デザイン、ボサノヴァなどのカルチャー部門にもっと触れたかった
ブラジル・デザインといえば頭に浮かぶのは、未来都市ブラジリアとか建築家オスカー・ニーマイヤー(Oscar Niemeyer)。 ニーマイヤーの建築めぐりとかしたかったなあ。サン・パウロにいたのにイビラプエラ公園にも行けなかったし。


b0049578_14334680.jpg調べてみるとクリチバにオスカー・ニーマイヤー美術館とかあるじゃんか(世界的な建築家の美術館なんだから、せめて英語サイト作ってくれい)。

←ありえねー建築物!!




b0049578_1439465.jpg音楽もそれほど詳しくないのだが、ジャステイストのボッサとかけっこう好き。
ライブに行ったり、CDショップに行ってみたかった。
リオの空港はトム・ジョビン(アントニオ・カルロスジョビン)空港だったなあ。
今回はイパネマ・ビーチで「イパネマの娘」を口ずさむことさえできませんでした。

b0049578_1439196.jpg■ハワイアナスもっと買いたかった
スーパーとショッピングモールに売り場があったが、思ったより種類が少なく、ヒール付きとかの変わったデザインを置いていない。よくありがちなパターンだが、日本の方が入手しやすかったりして。しかし、現地では日本の3分の一で売ってた。値段知っちゃうともう日本で買えない。今思えば普通のデザインでもあと何色か買ってくればよかった……。

アグア・コン・ガス(炭酸入りミネラルウォーター)が懐かしい。ヨーロッパのより炭酸がきつくておいしかったのだ。開けるとき大噴出、という失敗を数回繰り返したほど。

今度はゆっくり行ってみたいもんだ。遠いけど。
[PR]
by kick717 | 2006-07-03 14:40 | Brazil

中華街でおみくじ

b0049578_144344.jpg
かなり久しぶりに中華街。みなとみらい線が開通してから初めてだ。
みなとみらい駅からアクセスがよいせいか、関帝廟通りがにぎやかになっていてびっくりした。

今回始めて関帝廟にお参りしてみた。
長い線香買ってお参り。メトロカードみたいな入場証+参拝記念カードをくれる。
前におみくじひいてる人がいて、見ていておもしろそうだったのでやってみることに。

番号がついた棒が入った筒を、1本の棒が床に落ちるまでシェイクする。
さらに勾玉型の木片2つを床に落とし、片方が表、片方が裏になれば、その番号でOK。
両方とも表、両方とも裏なら、もう一度シェイクからやり直し。
思い出したが、台湾でやったのとおなじやり方だ。
今回ジャンルは金運に絞ってみた。

結果は、かなりよかった。うへへへ。
今年はおみくじ運冴えてる。氷川神社、浅草寺でも大吉。

中国式はとにかく具体的。
おみくじひくときも、ジャンル別になってる神様を選び、願い事も具体的に。
お参りするときは必ず「住所、氏名、生年月日」を伝えた後で願い事とゆう念の入れようである。

写真は関帝廟の狛犬(っていうのかな?)。
かなりのインパクトで守ってますな。
入場時は「『幻魔大戦』に出てきた下っ端の化け物みたい」と言ってしまったが、おみくじの結果がよかったので取り消します。
[PR]
by kick717 | 2006-07-03 14:05 | 日々是好日