SURE, YOU CAN GOね!


by kick717
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:頬袋( 27 )

シイタケチョコ?

オーストラリアの有機&フェアトレードチョコレート「Zotter」。
気になる珍味フレーバーが!

b0049578_13234658.jpgデーツとシイタケ
「デーツ(ナツメヤシ)とアラビカコーヒー入りホワイトチョコクリーム」と「スパイスとシイタケ入りダークガナッシュ」が層に。一体どんな味なんだ!!

b0049578_13241574.jpgトーフ&サケ
マリネした豆腐と日本酒に炒り胡麻とナッツを合わせ、ミルクチョコでコーティング。

b0049578_13243160.jpgバナナカレー
ホワイトチョコとアーモンドのガナッシュに、砂糖とカレーでキャラメリゼしたバナナを入れ、ダークチョコでコーティング。

確かにちょっと前からスパイスや、エキゾチックな香辛料を使ったチョコは流行ってるけど、シイタケとはすごいね。

以下のはなんとなく想像つく味かしら。でも組み合わせがかなりユニークだ。
b0049578_13245064.jpgレモンポレンタ
ポレンタにスパイシーなレモンジャムとシーソルト入りダークチョコ。グラッパとアーモンドをアクセントに。

b0049578_1325550.jpgコーヒープラムとキャラメリゼしたベーコン
赤ワイン漬けにしたプラムとコーヒーをキャラメリゼしたベーコンと合わせ、ダークチョココーティング。

b0049578_13252295.jpgバルサミコキャラメル
キャラメルとバルサミコ酢に辛子とグラッパを加え、ミルクチョコでコーティング。

日本ではまだ一部のショップでしか売ってないらしいけど、食べてみたいなあ。
[PR]
by kick717 | 2007-10-17 13:26 | 頬袋

なると屋+典座

b0049578_12444840.jpgヨガ友Hちゃんのすすめでなると屋+典座に。

昔住んでいた街にあるのに(今でもよく行くのだが)知りませんでした。
新しい店にはうといのだ。

精進風の和食屋さん。
店構えは和テイストのカフェという趣。

メニューはシンプルで、2種類の和定食が中心。
4月の定食をオーダーし、単品で「葛うどん」(右下)を頼み、友達とシェア。上の写真は定食の一部。携帯カメラだと引きも寄りもしんどくて、定食全体がうまく撮れず残念。

b0049578_12452666.jpgうまかったー。
どれも丁寧に作ってある、という感じ。
器や盛り付けもきれいだし、量もけっこう多い(重要!)。
しかも値段が1575円と良心的。
シェフは30代前半で、ある人気カフェの調理場にいた方だそうな。
若いのにえらいですねー(おばちゃん目線)。

けっこう人が並んでおり、オープンと同時にあっという間に満席に。
Hちゃんの助言どおり予約していって正解。
[PR]
by kick717 | 2007-05-02 12:56 | 頬袋

升本「桜三昧二色弁当」

b0049578_124949.jpgb0049578_12491725.jpg毎年楽しみにしている、升本の季節限定「桜三昧二色弁当」を今年も食すの巻。桜は見なくともこれは食わねば、の年中行事化。

蟹爪なんかがドンと入っており、全体的になんだか去年よりパワーアップしていた気が。値段は変わらず1575円。大満足。

ここのお弁当は保存料や着色料無添加で、無農薬米を使用するなど食材も厳選。肉や魚は入っているが、ヨガ的に正しい(YCとでも名づけるか?)食べ物に分類。私の場合肉、魚食ってる時点で範疇広すぎだが。最近はマクロビ弁当シリーズが出ているので、こっちはよりYCですな。

一部に升本ラブな人はけっこう多い模様。愛が深い人が多いようで、ブログなどでも熱く語っている人が多い(私を含め)。勝手に「ますも党」と名づけてみる。
[PR]
by kick717 | 2007-04-02 12:53 | 頬袋

東京ミッドタウン

30日にオープンの東京ミッドタウン、レストランやカフェが粒ぞろい!最近新しくできる総合施設に入る店って似ていません?今回はちょっと毛色の違う店が多く、うれしい。例えば……

芦屋タカトラ
皮が香ばしく、カスタードも甘さ控えめで超好みのシュークリーム。丸ビルなどに店舗あり。持ち帰りの箱が渋いサバンナ柄でかわいい。

京はやしや
京都のお茶屋さんが開いた和スイーツ屋。抹茶系は珍しくないが、ここはなんと番茶と玄米茶のトリュフがある。濃くてうまかった。青山に店舗あり。

Baker Bounce
三茶のハンバーガー屋の2号店。炭焼きですげーうまい。

他にもD&Dカフェ、ジュノエスク、サダハル・アオキなどなど、ワタシ的に「使える」店が盛りだくさん。そして気になるのはニューヨークのユニオンスクエア・カフェ姉妹店。今はどうか知らないけど、10年前くらいにはNYのレストラン・ランキングで必ず上位に入るレストランでした。高級なので行ったことないんだけどね。

山の上ホテルの天ぷら専門店も入るらしい。
[PR]
by kick717 | 2007-03-22 11:35 | 頬袋

いちじくパン写真

b0049578_12373059.jpgパパスパンヤのいちじくパンです。
携帯メールで画像イマイチですが、干しいちじくがモリモリ入っているかはわかるかな?
全体的に多く入っているのだが、それでも1本の中にばらつきがある。
最後の方にドバっとかたまっていてびっくりした。
[PR]
by kick717 | 2007-03-20 12:39 | 頬袋

いちじくパン無念

最近お気に入りのパンはパパスパンヤ。カジュアル(だが高い)服のブランドの、あのパパスがやっているパン屋なのだ。現在青山と広尾に各1店舗の展開。

今年の正月に、友人と青山のパパスカフェに入ったときに、隣にパン屋があるのに気付き、帰りに買って帰った。そのときは腹がいっぱいだったせいか小さいパンを1個だけ購入。しかしベーグルを買った友人から後日「すげーうまかった」と報告がある。

そこで先日近くにいった際、ベーグルを含め何種類かマジ買いしてみる。
ベーグルうまい。ハード系ではないが弾力があり、もちっとしていてグッド。
もうひとつ買った、いちじくパンがすごーいヒットだった。

ウェット系の干しいちじくが、これでもかという感じでがぎっしり入ったライ麦パン。他の高級パン屋ではたいてい「もうちょっとモリモリ入れてくれればいいのになあ……」と思うことが多い。しかしパパスは豪気である。けっこう材料費っかっているだろうに。なのに割りと安いのだ。

昨日、そのいちじくパンを買いに、会社帰りにパパスパンヤに突入。
上品そうなOLさんが一歩先店内に入っていった。
最初彼女はケーキのケースを見ていた。
私はラスクを試食しながらマフィンを凝視していた。

振り返ってメインのパンの棚を見ると、OLさんが1つだけ残っているいちじくパンを見つめている。これはまずい!!先に買われる!!

OLさんはいちじくの断面をチェックして一度置いて、隣にあった同じ生地のカレンズ入りパンの断面を見ていた。そのすきに取るという手もあったのだが、そこまでおばちゃんになりきれず、「カレンズにしろおおお!」と念を送っていたが、あえなく玉砕。彼女はいちじくパンを再度手に取り、レジに。

こんなことなら、ひやかしにアヴェダ寄らなきゃよかった……。OLさんがケーキコーナーみているうちに直進していればよかった……と、深く反省

店員にきいてみると、やはり最後の1個だったらしい。
店員さん「カレンズもおいしいですよ」
私「……。でもいちじくがいっぱい入っているのがすごくおいしかったから……」
→多分すごーく暗い声で。

別に狙っていたパンとベーグルはあったので、会計頼むと、店員さんが「朝お電話いただければとっておきますよー」とやさしい言葉を。

なるほど。おとり置き可なのかっ!!
それを知っただけでも収穫だったかも。

パパスパンヤ、2店舗だけでやってるせいか、とても丁寧に作っている感じがして好印象。

他に、「栗のデニッシュ」もお勧め。
月餅みたいな形したデニッシュ生地の中に、甘さ控えめで栗の香り濃厚なマロンクリームと渋皮付きの栗が1個入っている。180円。栗の加工パンあまり好きでないが、これは別格。友人によれば、メロンパンもうまいらしい。普通のメロンパンとはちょっと違うそうな。基本メロンパン苦手なのだが、ここのはもしかして食べられたりするかもなあ。

失念して1枚も写真がない。
今度撮って載せます。

ちなみにパパスカフェのケーキもうまい
濃厚なかぼちゃプリン、ミルクレープ、タルトタタンなどを食べたが、ハズレなし。
タルトタタン、ドゥマゴに並びマイベスト3入り
[PR]
by kick717 | 2007-03-15 10:31 | 頬袋

ビオ・ワイン


b0049578_10204171.jpg自然派ワインショップ、ヴァンナチュール藤小西に行ってきた。

以前ある店で、ティエリー・ピュズラ(Thierry Puzelat)の白を飲んで、すごくおいしかった。そのときはオーガニック・ワインがおいしいというイメージはなかったので、ちょっと驚いた。ここ数年フランスを中心にビオ・ワイン(有機農法で作られたワイン)が注目されてるんだって。酸化防止剤を使用してないのもうれしい。ビオ・ワインのことを調べていていきついたのが、ヴァンナチュール藤小西のウェブページでした。

ヴァンナチュール藤小西は中野坂上駅からすぐ。
店舗の奥にスタンディングバーがあり、おっすすめのグラスワインや、ワインに合うつまみや料理を出している。店で売ってるワインも、ボトルにつき600円払うとバーに持ち込める。おすすめのワインはみな個性的でおいしく、料理もよかった。鶏レバーの冷製がすげーうまかったよ。
本腰入れて飲み食いすると安くはないが、楽しい店。2~3人で行って、2000円台のワインをボトルで持ち込めば安く上がるかも。

お店の人にきいてみると、私が飲んだティエリー・ピュズラ(店からもらったラベルみたらソーヴィニョンでした)はもう売り切れているらしい。残念。

しかし店内をみて思ったが、ビオ・ワインは値段が手ごろな気がする。数が少なかったり手作業が多かったりすると高くなりそうなもんだけど。うれしい限り。
[PR]
by kick717 | 2006-12-20 10:28 | 頬袋
b0049578_11125441.jpgわが愛しの升本がロハス路線。
マクロビオティック弁当を発売した模様。
元々保存料や着色料を使用しておらず、調味料など食材にもこだわっていたので、健康路線ではあったわけだが。

「ロハスな人生を目指すあなたにぴったりのお弁当が誕生しました」「下町亀戸に出没したとびきりの本格マクロ弁当」というコメントが可愛い。

「おいしく召し上がっていただく為に、ひと口30回以上噛んで食べてみて下さい (出来れば50回)」と書いてある。反省。
[PR]
by kick717 | 2006-12-12 11:16 | 頬袋

フクナガ

四谷3丁目にある「フクナガ」について。
フルーツ命、の店主が妻と2人でやってるフルーツパーラー。
パフェとフルーツサンドが売り物。
季節のパフェは1~2ヶ月ごとに変わる。
今年の春から定期的に行くようになり、今までに制覇したのは下記のとおり。

b0049578_1052224.jpgb0049578_10525834.jpgb0049578_10532395.jpgb0049578_10543144.jpg








b0049578_10552664.jpg
b0049578_105832100.jpg上段右から「いちご」「アメリカン・チェリー」「プラム」「桃」
下段右:「マンゴー」左:「フルーツサンド」




他に予定されてるパフェのラインナップには「柿」「洋梨」「ぶどう」「いちじく」がある。
このうち、いちじくはタイミング逃した。異常気象のなか、フルーツを一番おいしい産地からタイミングよく仕入れて客に出すのは大変らしい。同じフルーツでも数日ずれるだけで銘柄や産地ががわり、同じものは食べられないのだ。

パフェといっても飾りよりフルーツ本体や、フルーツのシャーベットを中心にしてある。筋肉質なパフェとでもいおうか。まずまちがいなくおいしいので、750~950円するが、千疋屋や高野で食べることを考えればお値打ち。フルーツ命の店主がウンチク語りだすと長いのが難だけど行く価値あり。
[PR]
by kick717 | 2006-10-13 10:56 | 頬袋

アフタヌーン・ティー

b0049578_17193976.jpgb0049578_17195431.jpgGW中にマンダリン オリエンタルのアフタヌーン・ティーに行ってきた。38階のオリエンタル・ラウンジ。見晴らし素晴らしいし、椅子やソファーの座り心地もよい。プチケーキがオリエンタルな棚風の入れ物に入っていて可愛い(残念ながら写真逆光で暗い)。飲み物お替り自由で3000円なので、けっこうお得かも。トイレにも全面ガラスで、すごい眺望が楽しめる。



b0049578_17221338.jpgb0049578_17222584.jpg
ショップで買ったオレンジとりんごのペストリーうまかった。フルーツがまるごと乗っていて、カスタード部分が少なめなのも好み。


アフタヌーン・ティーってそれほど行ったことないのだが、ナンバーワンはなんといってもハワイのシェラトン・モアナ・サーフライダー。ボリュームもけっこうあるし、シャンパンつけてもプラス6ドル(しかも2杯付きらしい)。中庭と海が見渡せる雰囲気も最高。

ワイキキの高級ホテルのなかで、建物の雰囲気は一番ここが好き。1回泊まってみたいなあ。一番安い時期でヒストリカル・オーシャンビューが一部屋310ドルだって。
[PR]
by kick717 | 2006-05-10 17:23 | 頬袋