SURE, YOU CAN GOね!


by kick717
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

いちじくパン無念

最近お気に入りのパンはパパスパンヤ。カジュアル(だが高い)服のブランドの、あのパパスがやっているパン屋なのだ。現在青山と広尾に各1店舗の展開。

今年の正月に、友人と青山のパパスカフェに入ったときに、隣にパン屋があるのに気付き、帰りに買って帰った。そのときは腹がいっぱいだったせいか小さいパンを1個だけ購入。しかしベーグルを買った友人から後日「すげーうまかった」と報告がある。

そこで先日近くにいった際、ベーグルを含め何種類かマジ買いしてみる。
ベーグルうまい。ハード系ではないが弾力があり、もちっとしていてグッド。
もうひとつ買った、いちじくパンがすごーいヒットだった。

ウェット系の干しいちじくが、これでもかという感じでがぎっしり入ったライ麦パン。他の高級パン屋ではたいてい「もうちょっとモリモリ入れてくれればいいのになあ……」と思うことが多い。しかしパパスは豪気である。けっこう材料費っかっているだろうに。なのに割りと安いのだ。

昨日、そのいちじくパンを買いに、会社帰りにパパスパンヤに突入。
上品そうなOLさんが一歩先店内に入っていった。
最初彼女はケーキのケースを見ていた。
私はラスクを試食しながらマフィンを凝視していた。

振り返ってメインのパンの棚を見ると、OLさんが1つだけ残っているいちじくパンを見つめている。これはまずい!!先に買われる!!

OLさんはいちじくの断面をチェックして一度置いて、隣にあった同じ生地のカレンズ入りパンの断面を見ていた。そのすきに取るという手もあったのだが、そこまでおばちゃんになりきれず、「カレンズにしろおおお!」と念を送っていたが、あえなく玉砕。彼女はいちじくパンを再度手に取り、レジに。

こんなことなら、ひやかしにアヴェダ寄らなきゃよかった……。OLさんがケーキコーナーみているうちに直進していればよかった……と、深く反省

店員にきいてみると、やはり最後の1個だったらしい。
店員さん「カレンズもおいしいですよ」
私「……。でもいちじくがいっぱい入っているのがすごくおいしかったから……」
→多分すごーく暗い声で。

別に狙っていたパンとベーグルはあったので、会計頼むと、店員さんが「朝お電話いただければとっておきますよー」とやさしい言葉を。

なるほど。おとり置き可なのかっ!!
それを知っただけでも収穫だったかも。

パパスパンヤ、2店舗だけでやってるせいか、とても丁寧に作っている感じがして好印象。

他に、「栗のデニッシュ」もお勧め。
月餅みたいな形したデニッシュ生地の中に、甘さ控えめで栗の香り濃厚なマロンクリームと渋皮付きの栗が1個入っている。180円。栗の加工パンあまり好きでないが、これは別格。友人によれば、メロンパンもうまいらしい。普通のメロンパンとはちょっと違うそうな。基本メロンパン苦手なのだが、ここのはもしかして食べられたりするかもなあ。

失念して1枚も写真がない。
今度撮って載せます。

ちなみにパパスカフェのケーキもうまい
濃厚なかぼちゃプリン、ミルクレープ、タルトタタンなどを食べたが、ハズレなし。
タルトタタン、ドゥマゴに並びマイベスト3入り
[PR]
by kick717 | 2007-03-15 10:31 | 頬袋