SURE, YOU CAN GOね!


by kick717
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

飲酒運転映画と喫煙喫茶映画

長い事ドキュメンタリー以外の映画を映画館に見に行かなかった。今週立て続けにフィクションを2本みたよ。ほんとに久しぶり。「サイドウェイ」「コーヒー&シガレッツ」。前者が飲酒運転映画で、後者が喫煙喫茶映画。もちろん「サイドウェイ」のときには白ワイン、「コーヒー〜」のときにはコーヒーを飲みながらの鑑賞。

「サイドウェイ」は思ったより登場人物たちがダメダメでよかった。おかしくも悲しい。もっと洗練されててある種スノッブな、ワインがらみの話かと思った。
それにしても男が自分探しをする物語は絵にならない。女が自分探しをすると美人でなくても若くなくても何故か絵になる。男の場合絵になるのはグローイングアップ(少年が大人になるってやつね)ものである。この映画の場合は、その絵にならない感じがよかった。

「コーヒー〜」は久しぶりのジャームッシュ。80年代のミニシアターブームに青春を送った私としては嫌いになれない監督。相変わらずのモノクロ&インディーズっぽい作風だけど、職人技の域。撮った時期にばらつきがあるので、全体として寄せ集め感は否めないけど、楽しみました。
コーヒーがみんなさめててまずそうなのが印象的。コーヒーを飲みながら、人と人の噛み合なさをユーモラスに見つめた映画。

両方ともインディーズっぽい作品。
「インディーズっぽい」というのも、流行りになった時代を経て、一巡した感じ。一時期わざとインディーズっぽい感じにする映画がやたら増えた時期があった気がする。
[PR]
by kick717 | 2005-04-07 01:01 | 日々是好日